FAIRE PART de France ~ camitaman ~

フランスが大好きなcamitamanからキラキラな毎日を♪ 2006年11月、フランス・ワーホリ開始です♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆2011年度フランス・ワーホリ申請開始☆

こんにちは、camitamanです♪



遅くなりました!!(苦笑)



昨年、2010年12月22日 『 2011年度フランス・ワーキングホリデー募集開始


フランス大使館によると、

平成23年1月~12月出発分の2011年 ワーキングホリデー・ビザ の申請受付を開始したと発表♪



2011年度フランスワーホリを検討している方々、募集開始ですよ♪


2011年度分に申請されるみなさん、思う存分論文に自分の熱意をこめてくださいネ♪



だ~だ~し~、“申請要項”には大きな変更があるそうです!!

申請は郵送では行えず、本人の申請のみ!!(←企業を介せなくなったということでしょうね…)
camitamanの時は、“郵送のみ”だったんですけどね…来館しても申請できない…という方法でした…2006年度版



ビザ申請手続きを簡素化するため、2010年3月8日よりビザ申請予約システムが導入され、使館への予約をネット上で取ってから、申請に行くということのようですね。


申請方法をよく理解して、申請を行ってくださいね♪


最短2週間で承認されるらしいですよ!!(←早くなりましたね~…)



『 2009年12月14日より全査証申請者は、本人が当大使館領事部ビザ・セクションで、生体認証情報(指紋)を提出することを義務づけるとしています。
2010フランスワーキングホリデー(ワーホリ)ビザも例外ではありません。
生体認証情報(指紋)は、旅行者の身分確認および旅券の安全確保政策の一環として行われます。』

ですって。


この制度は2009年12月14日より開始され、2011年度フランスワーキングホリデー・ビザも例外ではないです。

既にイギリスのワーキングホリデー(youth mobility scheme )ビザ申請の際に、生体認証情報(指紋)を提出することになっていて、直接本人が申請所に行く必要がある為、申請書を郵送することはできなくなっているそうですよ。

フランスのワーキングホリデーは原則本人によるビザ申請書の提出ですが、これまでは遠方の人の為に、郵送による申請も可能としていたのですが、生体認証情報を提出する必要がある為、イギリスビザの申請同様に直接本人がフランス大使館に行かなくてはならないのです。


2011年度ワーホリ申請される方、よ~くお調べを♪



また、ワーホリに関する詳細は…。


*在日フランス大使館 ビザセクション
*ワーキングホリデー情報 WEBサイト ワーホリ ネット Working Holiday Network
(↑このサイトの掲示板は、合格発表頃、大変賑わいますよ♪)


ちなみに2006年度フランス・ワーホリ camitamanの経験は、コチラから♪



2009年12月現在
ワーキングホリデー可能国

*オーストラリア
*ニュージーランド
*カナダ
*韓国
*フランス
*ドイツ
*イギリス
*アイルランド (2007年1月1日開始)
*シンガポール (2007年12月1日より開始。ただし指定された大学(在籍または卒業)資格者のみがいける制度。渡航期間最長6ヶ月)
*デンマーク (2007年10月1日より開始)
*台湾 (2009年6月1日より開始)
*香港 (2010年1月1日より開始)


今後もっと多くの国へワーホリメーカーとして渡航できることになることを願います♪

そしてみなさんが2011年度ワーホリビザを受け取れるよう祈っています♪



camitaman

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2011/01/10(月) 11:03:31|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://camitaman.blog74.fc2.com/tb.php/870-e8abaf86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。