FAIRE PART de France ~ camitaman ~

フランスが大好きなcamitamanからキラキラな毎日を♪ 2006年11月、フランス・ワーホリ開始です♪

☆VISAの申請☆


こんにちは、camitamanです♪


ビザを取得するためには、フランス大使館領事部ビザ・セクション(東京都港区南麻布4-11-44)へ、月曜から金曜の午前9時から11時30分の間にお越しください。(祝祭日・7月14日を除く)

ビザは、平成18年10月27日までに必ずお取り下さい。ビザ上にはフランスへの出発日が明記されるので、申請時に出発日の再確認を行ってください。滞在許可期限は、ビザに記載された出発日から1年間です。
またもし、期日までにお取りいただけない場合は、今回の許可は取り消されます。

ビザ取得の際、以下の書類をお持ちください。
また、パスポート、申請書、証明写真以外の書類はすべてコピー1部を添付してください。
①パスポート(残存期間15ヶ月以上)
②長期滞在ビザ申請用紙1枚に記入済みのもの
③証明写真2枚(同じ写真でカラーのみ・正面・無帽・白の背景・35mm×45mm・あごから頭までの長さ
写真全体の70~80%以内のもの・デジタル写真不可)
④以下の2つのうちどれかひとつ
 ◎一年有効のオープンチケット
 ◎行きの航空券 プラス 帰りの航空券を買えるだけのお金の証明書
⑤所持金が2500ユーロ以上であるという証明書(本人名義の日本、またはフランスの銀行もしくは郵便局が
発行した残高証明書。帰りの航空券がない場合は3500ユーロ以上)
⑥健康であるという、過去3ヶ月以内に書かれた医者の診断書。(英文または日文)(内科医の診断により健康が証明できれば、検査項目は問いません。)
⑦フランス滞在期間中の、病気、けが、入院時に有効な海外旅行保険の加入証明書。クレジットカードについている保険は認められません。(英文・仏文・日文いずれも可)


コレラすべての書類をお持ちいただいてから、その約3日後にびざが発給されます。
書類不備の申請は受けるけられませんのでご了承ください。


尚、出来上がったビザを直接受け取りにお越しいただけない方については、郵送での返送も受け付けております。その場合は、600円分の切手を張った返信用封筒を申請と同時に提出してください。


また、遠方にお住まい等で直接窓口に申請に来られない方は、上記の必要書類④~⑦のコピーとパスポート、申請書、写真の原本、600円分の切手を貼った返信用封筒をご郵送ください。
ただし、郵送によって生じる遅れや、紛失等の責任は一切負いかねますのでご了承ください。

だ、そうです。承認されました書類と一緒に記載されていました♪


camitaman
スポンサーサイト



テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/25(木) 01:40:42|
  2.   *ビザの申請
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆grammaire du Francais☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第13回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『grammaire du Francais』フランス語のフランス語練習帳♪

Grammaire Progressive Du Francais: Avec 500 ExercicesGrammaire Progressive Du Francais: Avec 500 Exercices
(1995/04/04)
Maia GregoireOdile Thievenaz

商品詳細を見る


前回の留学時にパリで購入したんですけど、実際のところ
あまり使わなかったんです。
学校の勉強の方に時間をとられて…(-。-) ボソッ
なので、今回は学校へは行かない予定なので
自主勉に役立てようと思って、持って行きます♪
すべてがフランス語なので勉強になるはず♪


題名:grammaire du Francais
著者:
発行所:


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/18(木) 21:00:49|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆完全予想 仏検2級☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第12回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『完全予想 仏検2級』フランス語の勉強もしないと♪

完全予想仏検2級―筆記問題編完全予想仏検2級―筆記問題編
(2004/09)
富田 正二

商品詳細を見る


よく知り合いに『フランス語話せるの!?』って聞かれます(苦笑)
話せるには話せますよ!!(○`ε´○)ぶーっ
だけど、まぁ~っていう程度かなぁ…(-。-) ボソッ
それにcamitamanくらいの語学力のヒトなんて
日本だけでも5万といると思いますね。
だ~か~ら、これからもフランス語勉強しないとダメダメです。
持って行きます♪


題名:完全予想 仏検2級
著者:富田 正二
発行所:㈱駿河台出版社


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/17(水) 20:45:12|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆食べる指差し会話帳⑥フランス☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第11回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『食べる指差し会話帳⑥フランス』やっぱり“食”は大切♪

食べる指差し会話帳⑥フランス


この『指差し会話帳』シリーズは、いまやDSのソフトにもなっているくらい有名になってきましたね♪
今回持っていくのは“食べる”というジャンルのフランス版ですけど、
このシリーズの良いところは、
“絵”や“写真”で詳し~く説明してあったり、
発音や綴りも載っているからわからないときに
それこそ、題名の“指差し”をして会話しちゃう感じ♪
絶対重宝すると思います♪


題名:食べる指差し会話帳⑥フランス
著者:宮方 由佳
発行所:㈱情報センター出版局


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/15(月) 20:32:03|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆パリで暮らしてみた☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第8回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『パリで暮らしてみた』いろいろ絵日記です♪

パリで暮らしてみた―いろいろ絵日記パリで暮らしてみた―いろいろ絵日記
(2003/10)
すげさわ かよ

商品詳細を見る



この本も去年、ふらぁ~と入った本屋さんで見つけて購入♪
パリの風景が絵日記で紹介されていて、とってもかわいい♪
camitamanもこんな風にパリ生活を綴れたらなぁ~と思って。
まぁ、絵日記なんてムリムリ!!(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
だけど、かわいい絵が気に入っているので持って行きます♪


題名:パリで暮らしてみた
著者:すげさわ かよ
発行所:大和書房


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/14(日) 18:49:08|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆パリ・ブランシュ☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第7回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『パリ・ブランシュ』特派員が暮らして見つけたパリの寄り道ガイド♪

パリ・ブランシェ―特派員が暮らして見つけたパリの寄り道ガイドパリ・ブランシェ―特派員が暮らして見つけたパリの寄り道ガイド
(2005/07)
アンテンヌフランス

商品詳細を見る


この本は、去年たまたま入った本屋さんで見つけた本なんです♪
サブタイトルの『特派員が…寄り道ガイド』という部分に惹かれました♪
寄り道ガイドって、きっといろいろな小道を紹介してくれているんだろうなぁ~と思って。
読んでみれば、パリのショップや道を具体的に紹介してくれています♪
この本を参考にパリを歩こうと思います♪


題名:パリ・ブランシュ-特派員が暮らして見つけたパリの寄り道ガイド
著者:アンテンヌフランス
発行所:㈱双葉社


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/13(土) 18:36:16|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆日本絵とき辞典11☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第6回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『日本絵とき辞典11』日本文化・風習のフランス語で紹介♪

REGARD SUR LE JAPON(仏語/文化・風俗編) 日本絵とき事典REGARD SUR LE JAPON(仏語/文化・風俗編) 日本絵とき事典
(1985/10)


商品詳細を見る


フランスで日本について聞かれることもしばしば。
そのとき大活躍なのが、この辞典♪
辞典といっても絵もたくさん載っているし
おまけにA6サイズなので持ち運びもらくちんです♪


題名:日本絵とき辞典11
著者:
発行所:JTB


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/12(金) 18:26:17|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆フランス語で綴るグリーティング カード☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第5回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『フランス語で綴るグリーティング カード』
             ちょっとしたフレーズの本です♪


フランス語で綴るグリーティングカードフランス語で綴るグリーティングカード
(2000/05)
にむら じゅんこ

商品詳細を見る



この本はちょっとしたフレーズの宝庫なんです♪
だからカードを送るときとか良く使っています♪
そしてこの本は、シリーズ化しているんです。
camitamanももう一冊『ねこ式フランス語会話』を持っています♪


題名:フランス語で綴る グリーティング カード
著者:にむら じゅんこ
発行所:㈱三修社


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/11(木) 18:17:44|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆やさしいフランスの手紙の書き方☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第4回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『やさしいフランス語の手紙の書き方』手紙の例文豊富です♪

やさしいフランス語の手紙の書き方


コレは使える本です♪

以前に売っていたこのジャンルの本があったと思うんですけど
そちらは、かなり公的文書の書き方の本だった気がします。
だ~け~ど~、この本には、使える例文とかフレーズとか
盛りだくさんなんです♪
持っているととても便利な本の一つです♪

またcamitamanのフランス語の手紙<例文>も少しずつアップしているので
コチラも参考にしてみて下さいネ♪



題名:やさしいフランス語の手紙の書き方
著者:渡辺 洋・藤田 祐二・シルヴィ・ジレ
発行所:㈱評論社


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/10(水) 18:08:42|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆フランスdeワーキングホリデー☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第3回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『改訂版 フランスdeワーキングホリデー 2006年度』
            ワーホリの完璧マニュアルです♪

フランスdeワーキングホリデーフランスdeワーキングホリデー
(2006/01)
芦沢直美とワーホリ仲間たち

商品詳細を見る


ワーホリが承認されてから買った本なんですけど
前回の留学とは違って、ワーホリで渡仏になるから
一応、持って行きます♪
でもワーホリのことが詳しく載っているので安心です♪


題名:改訂版 フランスdeワーキングホリデー
著者:
発行所:イカロス出版㈱


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/09(火) 17:25:57|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆地球の暮らし方②フランス☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第2回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

『地球の暮らし方②フランス』海外生活応援ガイドです♪

地球の暮らし方2フランス〈2006~2007年版〉地球の暮らし方2フランス〈2006~2007年版〉
(2006/03)
「地球の歩き方」編集室

商品詳細を見る


この本は、フランスでの生活を助けてくれる情報満載♪
初めての場面に出くわしても、まずはこの本でチェック♪
前回のParis生活のときも、持って行きました。
役に立った経験から、2006-2007を購入♪


題名:地球の暮らし方②フランス
著者:
発行所:㈱ダイアモンド・ビッグ社


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/08(月) 17:12:09|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆パリのガイド☆


こんにちは、camitamanです♪

☆★第1回 camitamanがParisへ持っていく予定の書籍紹介★☆

第1回目ということで、
まず『ワールドガイド ヨーロッパ②パリ』Parisのガイドブックです♪

パリ―ヴェルサイユ、イル・ド・フランス、ロワール、モン・サン・ミッシェルパリ―ヴェルサイユ、イル・ド・フランス、ロワール、モン・サン・ミッシェル
(2005/12)


商品詳細を見る


このガイドブックはcamitamanに合っています♪
なんででしょうね~。
このワールドガイド・シリーズは、パリ2001年版やベルギー・オランダ・ルクセンブルク2001年版、アメリカ西海岸2005年版を持っています。
ガイドブックを買うとき、このワールドガイド・シリーズをどうしても買ってしまいます♪
きっと見やすいんでしょうね♪
だからParisへ行き前に、この“フランス版”を買っていこうと思っています♪


題名:ワールドガイド ヨーロッパ②パリ
著者:
発行所:JTBパブリッシング


camitaman

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/05/07(日) 15:05:06|
  2. ☆パリへ持っていく書籍☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆退職までのカウントダウン☆


こんにちは、camitamanです♪


ビザが承認されて、考えること、しなくちゃならないことが山積みになりました。
まず。
・両親への報告と説得。
・会社にはいつ退職願いを提出するのか。
・会社を退職する日をいつにするか。
・ワーホリに持って行く資金面について。
・退社するときのあいさつはどうするか。(←はやっ!!(笑))
・大切なヒト達への報告。

両親への報告と説得には時間がかかるだろうなぁ~と予想できました。
今までいろいろなことに挑戦させてくれて来た両親。
最近大人しくしていたcamitaman。
企業に勤務し、自立して、実家とcamitamanの住むところ間が、車で1時間くらい。
この4年間、camitaman的にも両親的にも、良い関係を保っていたんです。
それを自ら壊して、再び遠くのフランスへ行くと言い出すcamitaman。
まぁ~、許してはくれないでしょう!!
承認された書類と預金通帳をもって、実家へ向かいました♪
緊張しまくりで…(-。-) ボソッ
『実は、前にフランスのワーホリの申請をしていました。ただ、申請が承認されるのは10倍くらいの確率だからダメだろうなぁ~と思っていたんだけど、申請が承認されたの♪
だから仕事を辞めて、1年間フランスへ行ってきたいと思っているんだ。
ただフランスへ行くのではなく、今回のビザでは働くことが可能だから、Parisで現地サポートデスクで働きたいと思っているんだ。
心配はかけてしまうと思うけど、金銭的には迷惑をかけないと思うから。1年後必ず、日本に帰ってくるので、行かせて下さい。お願いします。…トカトカ』
らしきことを伝えたけど…。
取り入ってはもらえず…。特に父親は、最初、話を聞いてもくれなかったなぁ~。
両親の気持ちも理解できるし、一度で納得してもらえるとは思っていなかったのでとりあえず、今回は報告までと思っていました。


会社のことも考えなくてはなりませんでした。11月に出国するから…。
逆算していくと。
ん~…。全く見当がつかず状態でした。
とりあえず、今住んでいるアパートの更新が8月にあるので、8月末で実家に引っ越そう♪
そして、上期の最終月である9月末で退社しよう♪
だ~か~ら、会社に退職の旨を伝えるのは、8月くらいでOKかしら!?
と思っていたのもつかの間。
だって、下期10月から、大きなエリア変更があるというウワサが社内で流れていたのです。
そうしたら、大きなエリア変更ということは…早めに退社する旨を伝えておかないと下期の変更にcamitamanも含まれてしまって、変更構成が出来上がってから、会社に伝えるのでは、大変な迷惑がかかると思ったんです。
だから、会社に伝えるのは、夏のボーナス(←7月中旬)を貰ってからにし~よ~う♪


そして、7月25日午前11時。
チームの先輩に同席してもらい営業課長へ報告。
camitamanの突然の報告に課長も最初は戸惑っていました。
しかし、決して後ろ向きの退職ではなく、むしろcamitamanにとったら超前向きな退職だということを理解していただけて、激しい競争率のビザを取得できたということを褒めてくれました。
社内の部課長クラスの方々には、camitaman退職話がその日のうちに伝わって…。
早い・・・(-。-) ボソッ
まぁ、いいけど・・・(-。-) ボソッ
それからは、会社の先輩たちや仲良くしてもらっている総務のヒトたちに報告したりして、
でも実際、どこまで報告すればよいのかよくわからなくて・・・(苦笑)


両親の件も何度も何度も話をしていくうちに、camitamanを受け入れてくれるようになってきました。
そして、『行ってこい!!』と言ってもらえました。
お父さん、お母さん、フランス行きを許してくれたこと、心から感謝します。
『camitamanが自由にしていられるのも両親が健康でいてくれているおかげだと思っています。
本当にありがとうございます♪がんばります♪』


8月末、会社の近くに部屋を借り、一人暮らしをしていたアパートを解約し、残りの1ヶ月を実家からの通いになりました。
車で往復3時間くらい。


( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
毎日100km通勤の始まりでした!!(号泣)


だけど、残りもう何日もないという気持ちと会社が楽しい場所という気持ちで1ヶ月の長い通勤も無事に終了♪


出勤する最後の日がやってきました。
2002年10月に入社してから今日まで丸4年間通い続けた会社。
今日が最後なんだぁ~と、あまり実感のないまま今日を迎えました。
なぜ今日を最後の日に選んだかというと、朝礼で、社員のみんなに挨拶をしたかったから♪
お世話になった4年間のお礼を伝えたかったからです♪
昨日の夜、『絶対泣かないぞ!!』と決意して挨拶の練習・練習・練習!! したのにぃぃぃぃ~・・・。
ガン泣きなcamitaman・・・(-。-) ボソッ
はじめの一言が、詰まってしまってなかなか声になりませんでした。
たくさん練習して、泣かないぞ!!って思っていても緊張と寂しさと何もかもが入り混じって
そしてみんなの顔を見てしまったらもう~もう~ダメ!ダメ!!
ε=( ̄。 ̄;)フゥ
でもでも、何とか最後のお礼まで伝えられたので良かったなぁ~と思いました♪


夕方、社長にあいさつをして写真を撮り、部長・課長と・・・続く
営業さんみんなと写真を撮りに撮りまくりでした♪
楽しかったなぁ~。
それにみんな快く写真を撮ってくれたことに感謝♪
ありがとうございました♪


ま、身の回りの片付けなんか、全く出来てないない!!(苦笑)
明日、片付けに会社に来ます♪


最後に、YNXのみなさんへ
『何もわからない私にいろいろ教えてくださったのは皆さんです。
会社を辞めて違う道に進むことを選んだ私を応援してくれたのもみなさんでした。心から感謝しています。
これから私は違う道へ進むことになりますが、皆さんとの思い出を胸にがんばっていきたいと思っています。
4年間、本当にお世話になりました。
また私は皆さんのことを決して忘れません。
だから皆さんも私のことを絶対に忘れないで下さいね。
本当に本当にありがとうございました。』


camitaman

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/06(土) 01:34:46|
  2.   *退職までのカウントダウン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆結果待ちの4ヶ月☆


こんにちは、camitamanです♪

ん~…。なかなか返事が来ず…(-。-) ボソッ
だって、1月下旬に提出して、通常なら90日以内に合否の返事が届くことになっているので遅くても4月の下旬には結果を知ることが出来るはずじゃないですか!!
し~か~し、4月を過ぎても…連絡が来ず…。
4月に入ってからというもの、仕事が終わって家に戻って、毎晩一番最初にすること


『郵便受けの中の確認』


(・_|チラッ
(・_|チラッ
(・_|チラッ


ない…ない…ない…ない…いつになったら届くのぅ~!!
もうっ!!(○`ε´○)ぶーっ
そしてもうひとつの日課は、ネットでワーホリネットの掲示板とOVTの掲示板の確認でした♪
この2つの掲示板は、ワーホリ・メーカーの情報交換の場なんです。
だから、みんなの状況を知ることが出来るんですよ♪
なんか、今年(2006年度)は、申請受付が年を越してしまって、1月にずれ込んだことが原因で申請の申し込みが1月に殺到したそうなんです。
だから、審査する側も大変だったらしいです…
関係ないじゃんね!!(-。-) ボソッ
だってぇ~、受付がずれ込んだのも大使館側だし、それに伴って申請の申し込みが殺到しちゃったのも大使館側の責任じゃない!?
と、ヒソヒソと思ったりしていましたけど掲示板で、みんなも同じように90日を過ぎても待っているということがわかったのでcamitaman分だけ、忘れられているんだよ!!とか、もしかして、速達で郵送した書類、大使館に届いていないんじゃない!?とか変な不安はなくなりましたね♪


そして、5月に入り、掲示板によると徐々に合否の結果が届いてきているらしいんです。
んでも、camitamanの結果はまだまだ来ず…。
土曜日とか一日中寝て過ごしていた時でも、郵便受けの中の確認だけは決して忘れませんでした!!


ある日、というか5月第3週目くらいに、掲示板に…
『大使館に連絡したところ、1月に申請を提出したヒト分は、20日までに返信します♪』と言われたと。
camitamanも1月提出だから、20日土曜日までかぁ~と、思いながら
また毎日郵便受けの中の確認。そして掲示板を見ると…な・なんと…3週目に通知がきはじめたみたいなんだけど、不合格通知の人たちばかり…(泣)
そして運命の5月20日…例によって郵便受けの中の確認したんだけど…。
郵便受けは、『カラッポ!!』
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ


来ないじゃん!!


(○`ε´○)ぶーっ
(○`ε´○)ぶーっ
(○`ε´○)ぶーっ
どういうことよ!?(怒)と思って、また掲示板へGO!!
んでも、20日までに結果が来ちゃうと、不合格通知だから…来なくて正解!!なんちて♪


そして、20日を過ぎても来ないけど、相変わらず郵便受けの中の確認は日課でした♪
ある日買い物を済ませて帰宅しました。両手には、イトーヨカドーの袋を持って。
そして日課の郵便受けの中の確認をした時です。


あっ\(◎o◎)/!
あっ\(◎o◎)/!
あっ\(◎o◎)/!


何か見たことがある字の封筒が入っていたんです!!
camitamanが送った返信用封筒でした!!
その封筒を手にした瞬間!!


『あっ\(◎o◎)/!! 厚い気がする!!』
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


でも・・・何故かすぐにその封筒を開くことが出来ませんでした。
部屋に入り、ものすごい勢いで掃除をしました!!
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
だって、ものすごく神聖な封筒という気がして、だってぇ~。
身の回りがきれいになったところで、さぁ、いよいよ開封です♪


開封して一番最初に目に飛び込んできたのは…。
汚いコピーのうらがみ!?らしき書類でした。(苦笑)
なにこれ!?状態だったんですけど、書類を開いてみると…。
な・なんと…


『このたび、ワーキングホリでビザ日仏協定に基づき、
貴方のビザ申請が承認されましたことを通知いたします。』


ですって!!
バンザーイ \( ̄▽ ̄)/ バンザーイ
バンザーイ \( ̄▽ ̄)/ バンザーイ
バンザーイ \( ̄▽ ̄)/ バンザーイ


申請が承認されました!!


┗(~o~;)┓ウッ┏(;~o~)┛ハッ┏(~o~;)┓ウッ┗(;~o~)┛ホッ
┗(~o~;)┓ウッ┏(;~o~)┛ハッ┏(~o~;)┓ウッ┗(;~o~)┛ホッ
┗(~o~;)┓ウッ┏(;~o~)┛ハッ┏(~o~;)┓ウッ┗(;~o~)┛ホッ


もうもう、嬉しすぎて、信じられなすぎて、書類を持っている手はガクガク震えだすし、私本当に、フランスへ行けるんだ!!という夢の実現に戸惑いながらもフランス行きを応援してくれていた人たちに、TELで承認されたという結果を報告しまくりました♪


今回のフランス・ワーホリ申請承認をうけてcamitamanが感じたこと。


☆☆願えば叶う☆☆


この承認通知を手にしたのは2006年5月24日でした。
申請を提出したのが2006年1月24日。丸々4ヶ月間。
長かったぁぁぁ~・・・(-。-) ボソッ
もちろん、待った甲斐は十二分にありました♪

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/05(金) 01:16:02|
  2.   *結果待ちの4ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆申請書の提出☆


こんにちは、camitamanです♪

ワーホリの申請書の提出です♪

今年2006年度の場合・・・はというと。
通常なら2005年11月くらいに申請受付開始だろうなぁ~と思っていて、
フランス大使館のHPやワーホリ協会のHPを頻繁に覗いてみたりしていたんですけど
なかなか受付開始にならず・・・。
んでも、camitaman的には2006年1月24日に提出しようと思っていたので、
そのうち開始されるでしょう~くらいにしか考えていなかったんです。
さすがに1月には受け付け開始されているでしょう!!と思っていたから。
だ~け~ど~。
2006年度に限り(?)受付開始になったのが
2006年1月10日だったんです!!
遅っ!!
だって、camitamanは2006年11月出国と決めていたけど
もし2006年1~4月出国予定のヒトにとったら、1月の時点で既に2006年始まってるし
おまけに申請してから90日くらいは合否を待たなくてはならないし。ねぇ~。
そして今年の定員は600人です。(ちなみに2005年度は550人でした。)

☆ camitamanの場合 ☆
ワーホリ申請するぞ!!』と決めた8月から、申請書を大使館のHPからダウンロードしてプリントアウト。
そしてパスポートもあるし。申請書を書くのみ!!
申請書の申請理由の論文をどう書くか。このことに長いこと時間をかけて考えました。
camitamanの場合は、以前Paris在住経験から、

『4年前の留学生活での楽しさ幸せさを多くのヒトにお返ししたいと思ったのです。
これから留学、渡仏する人々に、せっかく時間とお金をかけて留学するのですから、
素晴らしい思い出を作ってもらいたいと思いますし、もっともっとFranceやParisを好きになって
日本に帰ってもらいたい!!と思い続けています。
だから、camitamanは、Parisで日本人留学生メインの現地サポートデスクで
camitamanが受けたすべてのことに対して恩返しをしたいと思っています。』

みたいなことを永延、書き綴りました♪
もちろん“日本語”ですよ♪
やっぱり自分の伝えたいこと、やりたいことを説明するには日本語が一番よいと思ったし
フラ語で表現できるほどの語学力がcamitamanにはない!!(苦笑)
っていうのがあったからですけどね・・・(-。-) ボソッ

申請書OK♪
パスポートコピーOK♪
返信用封筒OK♪

ちょっと待ったぁぁぁぁあああああ!!
パスポートの有効期限が、2006年2月17日だったのです!!
でも、パスポートって有効期限が過ぎないと新しいパスポートが発行してもらえないじゃん!?
って、勝手に思い込んでいたましたし、
発行時に(←この時点で既に、申請が承認されると自信満々♪)新しくパスポートを申請すれば、
別に平気じゃん♪くらいの気持ちだったんですけど
会社のオーストラリア・ワーホリ経験者のカヨちゃんにこのパスポートの有効期限についてどう思う??
と、聞いたところ。
『( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
( ̄□ ̄〃)!ぇぇぇぇええええええ
そんなのやばいじゃん!?ワーホリ協会に聞いてみないよぉ~!!』
あらっ、やばいかしら!?
そう言われたら、急に心配になったcamitaman。
早速、ワーホリ協会に質問してみました。
camitaman : 『あのぅ~、今もっているパスポートの有効期限が今年の2月までなんですけどぉ~。
         新しく申請した方がよいですかね!?』
ワーホリ協会 : 『そ・そうですね・・・。それは新しいパスポート発行されてから、
          ビザの申請をされた方がよいと思いますよ♪』
camitaman : 『は~い♪そうしま~す♪』
早速パスポートセンターへ
そしたら、知らなかったんですけど、有効期限内でも新しいパスポートを申請できるし
有効期限内なら、戸籍関係の書類免除らしいんです♪
ラッキ~☆☆
1週間で発行されるということで、§^。^§

さて、1月24日の当日。
朝、いつもより早めに目が覚めて、外は晴天♪
東から顔を覗かせている太陽に向かって、
『おはようございます♪今日、ワーホリの申請を提出します♪よろしくお願いします♪』と、
あいさつをしました♪

すべての書類を確認し、仕事中だったけど、午前中に郵便局へGO!!
なんとなく普通郵便はイヤだったので
『“速達”でお願いします!!』
提出したぞ!!という興奮を誰かに伝えたい!!というか、さっきまでの緊張の糸がプツンと切れてしまって
このワーホリを知っている広島のピアニスト・ショーコさんに電話しちゃいました♪

☆☆ 90日、ひたすら待ちすづけるぞ ☆☆


camitaman

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/04(木) 20:08:11|
  2.   *申請書の提出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆申請の準備☆


こんにちは、camitamanです♪

ワーホリ申請書の準備です♪

まずは・・・。
<< ワーキング・ホリデー・ビザ申請書の入手方法 >>
① 郵送で取り寄せる
住所、氏名を明記した角6サイズ(縦229mm×横162mm)の返信用封筒に120円切手を貼り、
ワーキングホリデー・ビザの申請書を請求する旨を書いたメモを同封し、フランス大使館へ送ります。
●フランス大使館 領事部 ワーキングホリデー・ビザ係
〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44

② フランス大使館のホームページからプリントアウト

③ フランス大使館に直接取りに行く
ただし、月~金曜日の午前9~12時までです。

<< フランス・ワーホリ申請資格 >>
①申請時において満18歳以上30歳以下であること
②子供同伴でないこと
③フランスに休暇として渡航予定であり、なおかつ仕事につく意思のある者
④行きの航空券の所持者、1年間有効のオープンチケット、もしくは帰りの空港券を帰るだけの資金を持っている人
⑤所持金が2500ユーロ以上あること
⑥健康である者
⑦以前にフランスのワーキングホリデー・ビザを取得していないもの

<< 申請方法 >>
申請の際は、上記の事項を踏まえた上で、下記の書類を提出先(上記の申請書請求先)へ郵送で申請します。
申請時より90日以内に審査の結果が通知されます。

①日本語、フランス語、または英語のうちいずれかの言語にて記入済みの申請書(所定のもの)
②パスポートの1ページ目のコピー(写真が搭載されているページ)
③角6(縦162mm×横229mm)サイズの封筒に住所、氏名を記入し、120円切手を張った返信用封筒
※パスポートなどオリジナルの書類は一切送らないで下さい。
大使館では電話やインターネットでのお問合せは受付けておりません。
また来館による申請、問合せ等は避け下さい。

ワーホリ・ビザの有効期限は、フランス領土内に入国してから1年間。
またこのビザは、ヨーロッパ内に存在するフランス各県においてのみ有効。
ワーホリ・ビザを所有するヒトは、滞在中にその滞在期間の延長や身分の変更を申請することは出来ません。
職探しにおいては、パリでは日本人向けの書店や飲食店の掲示板や情報雑誌で求人広告を探すことも
出来ます。
地方都市の場合は、厳しい状態かもしれません。
十分なフラ語力が必要ということは明らかです。
また専門知識があると、もっと有利に働くでしょう。

仕事が見つかったヒトは、直ちに所在県にある労働管理局(DIRECTION DEPARTMENT DE TRAVAIL ET
DE L'EMPLOI)に行き、一時的な労働の許可を受けなくてはなりません。
この際の許可は、職種を問わず、契約書の期間に応じて、すぐに与えられます。

在日フランス大使館のHP

<< 申請のタイミング >>
2005年1~12月出発者の場合、2004年11月12日から申請書の請求および受付が開始されました。
競争率は毎年市場に高く、2005年の場合は9月14日に受付がしけ切られてしまいました。
毎年の傾向から、日差申請の受付開始は前年の11月前後であることが予想されます。
日本ワーキングホリデー協会などで申請の受付開始日を確認し、
ワーキングホリデーでフランスに行く意思が固まったら早めに申請を行った方がよいでしょう。


camitaman

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/03(水) 20:06:03|
  2.   *申請の準備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆ワーホリをめざしたキッカケ☆


こんにちは、camitamanです♪

camitamanのワーホリをめざしたキッカケです♪

去年の8月、camitamanの人生のおいて大きな転機があったのです。
camitamanの自己紹介のところでも触れていますが、以前Parisへ留学していたことがあるんです。
その時のメインは、“語学留学”だったのですけどね。
帰国直後から激しいホームシック(←Parisへ戻りた~い)にかかってしまったんです。
そこで、留学でお金を使い果たしてしまったcamitamanが、次に目をつけたもの
それが『フランス・ワーキングホリデー』だったのです。
し~か~し、見事、VISA承認されず!!(号泣)
ん~・・・。

もし日本で働くなら留学関係の企業に就職したかったんです。
ただcamitamanの住む地域ではその分野の企業はありませんでした。
悩んだ末、日本で一般企業に就職することを決意しました。
今、思えば、この選択は正しかった!!と声を大にして言えます。

企業に勤め始めてからも、ずっとこの『フランス・ワーホリ』については頭の片隅に残ったままでした。
ただ仕事を始めて、毎日毎日刺激的で片隅にはあったものの、仕事が楽しく、仕事仲間に恵まれて
そして恋愛も順調に進んでいたので、
『今後Parisへ行くのは、旅行のみだろうなぁ~』と思っていたんです。
消極的な方向でこのように思っていたのではないんですけどね。
ただそれと同時に『もうParisで暮らすことはないんだろうなぁ~』とも思っていましたけどね。
でもそのころは、ParisやFranceに関するものを避けて暮らしていました。
特に、TVでフランス語が聞こえたり、Parisの映像が映ったりしたら、すぐにchを変えていました。
大好きだったフランス映画もその時は全く観ませんでしたね。
やっぱりParisに戻ることが出来ない悲しさがそうさせていたんだと思います。

長~い前置きになりましたけど、去年の8月にある転機があったんです。
良い意味で、“自由”を得たからです♪
今後の自分の人生について深く考えて悩んだ時期でもありました。
今、28歳(←去年)、もうすぐ30歳、独身
さて、何をしたいのか!!
即答で、『フランスへもう一度行きたい。今度はワーホリで』 と、自分自身の答えが出ました。

留学当時からこのHPを立ち上げて活動してきましたが、開設当初は自分の思い出と
家族への報告をメインに考えて立ち上げたのですが、
思ってもみなかったのですが、数件の問い合わせがあったのです。
もちろんParis留学についてです。手続き関係とか生活関係とかとか。
そしてParisでその方々と会うことが出来たんです。
彼らたちに大感謝されて、『このHPがなかったら、今私はここにいないです。そのくらいお世話になりました。』と
言われたとき、とても感動したことを今でもはっきり覚えています。
この時、私でもヒトの役に立つことができたぁ~という、感覚。
そして感謝される嬉しさを忘れることは出来ませんでした。
なので、もっともっと多くのヒトの役に立つことが出来ればcamitaman自身も幸せです♪

上記の想いを引きずって4年間企業で働いてきましたが、“自由”を手に入れた今
4年前の留学生活での楽しさ幸せさを多くのヒトにお返ししたいと思ったのです。
これから留学、渡仏する人々に、せっかく時間とお金をかけて留学するのですから、
素晴らしい思い出を作ってもらいたいと思いますし、もっともっとFranceやParisを好きになって
日本に帰ってもらいたい!!と思い続けています。
だから、camitamanは、Parisで日本人留学生メインの現地サポートデスクで
camitamanが受けたすべてのことに対して恩返しをしたいと思っています。

コレがワーホリでフランスへ行く決意をしたキッカケです。

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/02(火) 20:01:48|
  2.   *ワーホリをめざしたキッカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆フランス・ワーキングホリデー☆


こんにちは、camitamanです♪

フランス・ワーホリヴィザで2006年11月に出国予定のcamitamanです♪
camitamanのワーホリまでの歩みをお伝えします♪


まずは、フランス・ワーホリって何!?


外国で、仕事をしながら、滞在資金を補う事ができ、1年間の滞在が出来るという制度です。
1999年12月、正式に協定が結ばれました。
ただ『休暇を過ごす』ためだけに、長期の滞在が認められるというのは不思議な制度だなぁ~と感じるヒトもいるかもしれません。
この制度のポイントは、対象者を若い人に限っている点です。(フランスの場合、18歳以上30歳以下のヒト)
単に海外に『行く』のではなく、『暮らす』という経験を通して、滞在した国のことを深く知り、国際的な視野を持った人材を育てることが目的なのです。
また、協定を結んだ国同志で若者を受け入れあうことは、よりいっそうの相互理解と両国の友好につながります。
ワーキングホリデー制度のメリットは、若いヒトが6ヶ月から1年の間、休暇を楽しみながら異なる文化、考え方、生活、習慣などを肌で知り、また旅行資金の一部にあてるために、現地で付随的に就労が認められることです。
さらに、ワーキングホリデーメーカー(←ワーキングホリデービザで渡航するヒト)は、現地において、日本では得がたい体験ができ、国際感覚豊かな人間として成長し、実用英語を身につけてくるケースが多く、本人はもとより社会にとっても大きなメリットであると言えるでしょう。
ワーホリ・メーカーは、国際交流の担い手ともいえるのです。
また、来日した外国青年の多くは、日本での幅広い交流と短期間ですが就労の機会を得ることにより、日本語を覚えられるとともに、日本の労働者の生活、文化等について理解を深め、我が国に理解のある人物に育っています。
このような点を長い目で見ると、ワーキングホリデー制度は、これからの日本にふさわしい制度であると言えるでしょう。


camitaman

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/01(月) 23:42:30|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0