FAIRE PART de France ~ camitaman ~

フランスが大好きなcamitamanからキラキラな毎日を♪ 2006年11月、フランス・ワーホリ開始です♪

☆2011年度フランス・ワーホリ申請開始☆

こんにちは、camitamanです♪



遅くなりました!!(苦笑)



昨年、2010年12月22日 『 2011年度フランス・ワーキングホリデー募集開始


フランス大使館によると、

平成23年1月~12月出発分の2011年 ワーキングホリデー・ビザ の申請受付を開始したと発表♪



2011年度フランスワーホリを検討している方々、募集開始ですよ♪


2011年度分に申請されるみなさん、思う存分論文に自分の熱意をこめてくださいネ♪



だ~だ~し~、“申請要項”には大きな変更があるそうです!!

申請は郵送では行えず、本人の申請のみ!!(←企業を介せなくなったということでしょうね…)
camitamanの時は、“郵送のみ”だったんですけどね…来館しても申請できない…という方法でした…2006年度版



ビザ申請手続きを簡素化するため、2010年3月8日よりビザ申請予約システムが導入され、使館への予約をネット上で取ってから、申請に行くということのようですね。


申請方法をよく理解して、申請を行ってくださいね♪


最短2週間で承認されるらしいですよ!!(←早くなりましたね~…)



『 2009年12月14日より全査証申請者は、本人が当大使館領事部ビザ・セクションで、生体認証情報(指紋)を提出することを義務づけるとしています。
2010フランスワーキングホリデー(ワーホリ)ビザも例外ではありません。
生体認証情報(指紋)は、旅行者の身分確認および旅券の安全確保政策の一環として行われます。』

ですって。


この制度は2009年12月14日より開始され、2011年度フランスワーキングホリデー・ビザも例外ではないです。

既にイギリスのワーキングホリデー(youth mobility scheme )ビザ申請の際に、生体認証情報(指紋)を提出することになっていて、直接本人が申請所に行く必要がある為、申請書を郵送することはできなくなっているそうですよ。

フランスのワーキングホリデーは原則本人によるビザ申請書の提出ですが、これまでは遠方の人の為に、郵送による申請も可能としていたのですが、生体認証情報を提出する必要がある為、イギリスビザの申請同様に直接本人がフランス大使館に行かなくてはならないのです。


2011年度ワーホリ申請される方、よ~くお調べを♪



また、ワーホリに関する詳細は…。


*在日フランス大使館 ビザセクション
*ワーキングホリデー情報 WEBサイト ワーホリ ネット Working Holiday Network
(↑このサイトの掲示板は、合格発表頃、大変賑わいますよ♪)


ちなみに2006年度フランス・ワーホリ camitamanの経験は、コチラから♪



2009年12月現在
ワーキングホリデー可能国

*オーストラリア
*ニュージーランド
*カナダ
*韓国
*フランス
*ドイツ
*イギリス
*アイルランド (2007年1月1日開始)
*シンガポール (2007年12月1日より開始。ただし指定された大学(在籍または卒業)資格者のみがいける制度。渡航期間最長6ヶ月)
*デンマーク (2007年10月1日より開始)
*台湾 (2009年6月1日より開始)
*香港 (2010年1月1日より開始)


今後もっと多くの国へワーホリメーカーとして渡航できることになることを願います♪

そしてみなさんが2011年度ワーホリビザを受け取れるよう祈っています♪



camitaman
スポンサーサイト



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2011/01/10(月) 11:03:31|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆2010年度フランス・ワーホリ申請開始☆

こんにちは、camitamanです♪



2010年度フランス・ワーキングホリデー募集開始

フランス大使館によると、

平成22年1月~12月出発分の2010年 ワーキングホリデー・ビザ の申請受付を開始したと発表♪


2010年度フランスワーホリを検討している方々、やっと募集開始ですよ♪


“申請請要項”には特に大きな変更もないようです。
2010年度分に申請されるみなさん、思う存分論文に自分の熱意をこめてくださいネ♪


た~だ~、合格者は、必ずビザを大使館へ受け取りに行かなければならなくなったようですよ!!

というのも。

在日フランス大使館によると、

『 2009年12月14日より全査証申請者は、本人が当大使館領事部ビザ・セクションで、生体認証情報(指紋)を提出することを義務づけるとしています。
2010フランスワーキングホリデー(ワーホリ)ビザも例外ではありません。
生体認証情報(指紋)は、旅行者の身分確認および旅券の安全確保政策の一環として行われます。』

ですって。


この制度は2009年12月14日より開始され、2010年度フランスワーキングホリデー・ビザも例外ではないです。

既にイギリスのワーキングホリデー(youth mobility scheme )ビザ申請の際に、生体認証情報(指紋)を提出することになっていて、直接本人が申請所に行く必要がある為、申請書を郵送することはできなくなっているそうですよ。

フランスのワーキングホリデーは原則本人によるビザ申請書の提出ですが、これまでは遠方の人の為に、郵送による申請も可能としていたのですが、今回から生体認証情報を提出する必要がある為、イギリスビザの申請同様に直接本人がフランス大使館に行く必要がありそうです。

2010年度ワーホリ申請される方、よ~くお調べを♪



また、ワーホリに関する詳細は…。


*在日フランス大使館 ビザセクション
*社団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM) フランス 
*ワーキングホリデー情報 WEBサイト ワーホリ ネット Working Holiday Network
(↑このサイトの掲示板は、合格発表頃、大変賑わいますよ♪)


ちなみに2006年度フランス・ワーホリ camitamanの経験は、コチラから♪



2009年12月現在
ワーキングホリデー可能国

*オーストラリア
*ニュージーランド
*カナダ
*韓国
*フランス
*ドイツ
*イギリス
*アイルランド (2007年1月1日開始)
*シンガポール (2007年12月1日より開始。ただし指定された大学(在籍または卒業)資格者のみがいける制度。渡航期間最長6ヶ月)
*デンマーク (2007年10月1日より開始)
*台湾 (2009年6月1日より開始)
*香港 (2010年1月1日より開始)

今後もっと多くの国へワーホリメーカーとして渡航できることになることを願います♪

そしてみなさんが2010年度ワーホリビザを受け取れるよう祈っています♪



camitaman

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2009/12/21(月) 23:59:25|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

☆2008年度フランスワーホリ定員増加1,500名に☆

こんにちは、camitamanです♪

フランス・ワーホリを目指しているみなさんに朗報ですよ♪

フランスのワーキングホリデーが、2008年3月7日付でフランス大使館より日本ワーキング・ホリデー協会を通じ、2008年度の定員を1,500名とするとの発表が出されました♪


って、このニュース、すでにご存知のかたが大半だとは思いますが、
残念ながらcamitamanは今日知りました!!


(* ̄m ̄)プッ
(* ̄m ̄)プッ
(* ̄m ̄)プッ


遅っ!!
遅っ!!
遅っ!!


っていう、ツッコミがガンガン聞こえてきますけど…(-。-) ボソッ


でもでも、あれだけ狭き門であったフランスのワーホリが、1,500人!!
2006年度のワーホリビザ発給数は600人とされいます。
(ちなみに、camitamanもこの2006年度のワーホリビザ取得者の一人です♪)
以前の2倍以上のヒトがワーホリでフランスへ行くことが出来るようになったんです!!
コレって、とても素晴らしいニュースですよね!!


(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン



フランスについては定員が少ない上論文審査され、比較的取得の難しいビザとされていましたが、今回の定員拡大にともなってワーホリでフランスを目指している人には朗報ですね♪

そして、申請条件も一部見直しがされ、所持金が2,300ユーロ以上(379,500円 1ユーロ=165円計算)あること。

camitamanの時(2006年度)は、2,500ユーロ以上(412,500円)でした。


2008年度(1月ー12月出発)分はまだ締め切られていない様子なので、まだまだ取得チャンスがあるかもしれませんね♪


フランス・ワーホリビザ取得目指して、ガムバって下さいネ♪


camitaman

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2008/07/06(日) 23:59:35|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆2008年度フランス・ワーキングホリデービザ募集☆



こんにちは、camitamanです♪

2008年度フランス・ワーキングホリデー募集開始

2008年度分のフランスワーキングホリデーを考えている皆さん、ゴメンなさい。
情報が遅れました…。

ワーホリを考えているヒトはもうすでにご存知だと思いますが、
2008年度ワーキングホリデービザの申請が受け付け開始になりました。
(2007年12月5日発表)
申請要項は特に大きな変更もないようです。
2008年度分に申請されるみなさん、思う存分論文に自分の熱意をこめてくださいネ♪

ちなみに、フランスに行く日本人のビザ受給者は、2003年375人、2004年525人、
2005年550人、そして2006年には600人に達しました。

そして2006年度camitamanの時のワーホリビザ受給倍率はなんと…10倍だったらしいです!!

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

camitamanがむばりました♪


また、ワーホリに関する詳細は…。


*在日フランス大使館 ビザセクション
*社団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM) フランス 
*ワーキングホリデー情報 WEBサイト ワーホリ ネット Working Holiday Network
(↑このサイトの掲示板は、合格発表頃、大変賑わいますよ♪)

ちなみにcamitamanの経験は、コチラから♪

2007年12月現在
ワーキングホリデー可能国

*オーストラリア
*ニュージーランド
*カナダ
*韓国
*フランス
*ドイツ
*イギリス
*アイルランド (2007年1月1日開始)
*シンガポール (2007年12月1日より開始。ただし指定された大学(在籍または卒業)資格者のみがいける制度。渡航期間最長6ヶ月)
*デンマーク (2007年10月1日より開始)

今後もっと多くの国へワーホリメーカーとして渡航できることになることを願います♪

そしてみなさんが2008年度ワーホリビザを受け取れるよう祈っています♪

camitaman

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2008/01/12(土) 13:46:46|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆2007年度フランス・ワーキングホリデービザ募集要項発表☆


こんにちは、camitamanです♪

2007年度フランス・ワーキングホリデー募集開始

今年は大使館もちょいとがんばって年内スタートしたんですね!!
そうしてもらわないとね!!
2007年度に挑戦するみなさん。論文に思う存分、フランスへの思いやしたいことを述べてください♪
承認通知をうけとれるよう祈っています♪

camitaman

テーマ:ワーキングホリデー - ジャンル:海外情報

  1. 2006/12/07(木) 23:59:12|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆待ちに待った11月22日到来☆


こんにちは、camitamanです♪


みなさん!!
いよいよ今日11月22日、camitamanはフランス・パリに向けて出発します♪
今日です!!今日ですよ!!
フランス行きが決まった5月末から約半年。
とても充実した6ヶ月間だったと思います♪
ワーホリが承認されて、両親への報告。
そして会社を退職。
ワーホリ準備に必死になった2ヶ月間。
あっ\(◎o◎)/!という間に、月日は過ぎていきましたが
毎日のようにこうしてブログを更新していたので
今日は・・・した。とか、明日・・・する。とか、
淡々と過ぎていくのではなく、着実に過ぎていった日々だったと思います♪
もちろん、家族の協力ナシではここまでくることはできなかったです♪

~ お父さんお母さんへ ~
わがままを受け入れてくれて、本当に感謝しています。ありがとう。
これから再びフランスへ行くわけですが、
今回も素晴らしい思い出と経験を積んで、一回りも二回りも成長して帰ってこられるようにがんばってきます♪
そして、ふたりをパリで待っているので、ぜひ遊びに来てください♪


~ お姉ちゃんへ ~
いつもcamitamanのことを考えてくれていて、本当に感謝しています♪
忙しい中、気にかけてくれていることがとてもありがたいです♪
camitamanにとっては、いろいろなことが起こる1年になると思うけど
お姉ちゃんの自慢の妹になって帰ってきます♪
留守中、お父さんとお母さんのこと、宜しくお願いします♪


~ いつもcamitamanを支えてくれた皆さんへ ~
フランス行きが決まったときも、会社を辞めるときも、辞めてからも
camitamanにとってどんなに心強かったか、言葉になりません。
本当にありがとうございました♪
これから、しばらく会えなくなりますが、
がんばって行って来ますので、これからもcamitamanをよろぴくお願いします♪


後1時間後に、camitamanは出発します♪
もちろんこれはcamitamanの人生の出発でもあります♪
どんな生活になるか、今からとても楽しみです♪
できるだけ、更新がんばるので、camitamanを宜しくお願いします♪

それでは、行ってきます♪


camitaman

テーマ:ワーキングホリデー - ジャンル:海外情報

  1. 2006/11/22(水) 03:08:39|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

☆ありがとう☆


こんにちは、camitamanです♪


camitamanは、今年2006年のフランス・ワーキングホリデー・ヴィザの申請をしていたのです♪
内緒にしていましたが・・・(-。-) ボソッ
そして、見事、合格(承認)しました!!


☆☆おめでとう☆☆camitaman☆☆


5月下旬には、すでに承認書類を手にしていたのですが
なかなか公表できずにいました。
理由の中で一番大きかったのは
両親の承諾です。
次に、会社への報告です。
両親には、申請が降りた時点で
説明や意思を伝えていたのですが、まぁ、最初はなかなか良い返事がもらえず・・・って感じでした。
会社には先月末に退職の意思を報告しました。
そして、両親の承諾を得ることができました!!


☆☆ありがとう☆☆お父さん☆☆お母さん☆☆


両親に承諾してもらえたことが何より嬉しいです♪
これまで自分の好き勝手に生きてきました。
そしてまた自分の好き勝手に生きることを
許してくれた両親に感謝しています♪
いつもいつもcamitamanを支えてくれている両親。
本当に本当にありがとうございます♪
どんな形で親孝行が出来るかわからないけど
もっともっとステキな女性になって帰ってきます♪
そして今よりももっともっと親孝行娘になります♪
だから期待していてください♪


お父さん、お母さん、ありがとう☆☆

camitaman

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/07/30(日) 23:05:34|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆フランス・ワーキングホリデー☆


こんにちは、camitamanです♪

フランス・ワーホリヴィザで2006年11月に出国予定のcamitamanです♪
camitamanのワーホリまでの歩みをお伝えします♪


まずは、フランス・ワーホリって何!?


外国で、仕事をしながら、滞在資金を補う事ができ、1年間の滞在が出来るという制度です。
1999年12月、正式に協定が結ばれました。
ただ『休暇を過ごす』ためだけに、長期の滞在が認められるというのは不思議な制度だなぁ~と感じるヒトもいるかもしれません。
この制度のポイントは、対象者を若い人に限っている点です。(フランスの場合、18歳以上30歳以下のヒト)
単に海外に『行く』のではなく、『暮らす』という経験を通して、滞在した国のことを深く知り、国際的な視野を持った人材を育てることが目的なのです。
また、協定を結んだ国同志で若者を受け入れあうことは、よりいっそうの相互理解と両国の友好につながります。
ワーキングホリデー制度のメリットは、若いヒトが6ヶ月から1年の間、休暇を楽しみながら異なる文化、考え方、生活、習慣などを肌で知り、また旅行資金の一部にあてるために、現地で付随的に就労が認められることです。
さらに、ワーキングホリデーメーカー(←ワーキングホリデービザで渡航するヒト)は、現地において、日本では得がたい体験ができ、国際感覚豊かな人間として成長し、実用英語を身につけてくるケースが多く、本人はもとより社会にとっても大きなメリットであると言えるでしょう。
ワーホリ・メーカーは、国際交流の担い手ともいえるのです。
また、来日した外国青年の多くは、日本での幅広い交流と短期間ですが就労の機会を得ることにより、日本語を覚えられるとともに、日本の労働者の生活、文化等について理解を深め、我が国に理解のある人物に育っています。
このような点を長い目で見ると、ワーキングホリデー制度は、これからの日本にふさわしい制度であると言えるでしょう。


camitaman

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/01(月) 23:42:30|
  2. ☆フランス・ワーホリ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0